sewingmachine初めて「ぬいぐるみ」が、商品化されたのは1880年頃と言われています。つまり、現在までにぬいぐるみの生産技術の蓄積は130年以上の歴史があることになります。

その130年の間に、材料としての生地の種類は飛躍的に増え、樹脂製パーツの開発や、機械刺繍の開発、また現在ではレーザー加工機を使用した生地の裁断加工も現場では積極的に使用されています。

しかし、130年前と変わらないのは、人が生地をミシンを使用して一つ一つ縫製し、組み立てる工程です。ぬいぐるみが生地と綿で構成されるものとの前提に立った時、材料加工以外は機械化ほとんど機械化できません。ぬいぐるみの品質を左右する最大のポイントは、縫製技術です。常に私たちは技術の向上のために努力を続けます。また、その一方で機械化を取り入れられるものは、積極的に新技術の導入も行っています。すべては、そのぬいぐるみを手にする愛すべき人々のために。私たちは、常に技術を極め、新しい技術を創造しています。